キレイに消したい!福岡でのタトゥー除去をサポートするブログ

切除治療のリスクと効果

このページでは、タトゥーの切除治療の効果やリスクを調べ、福岡の各クリニック別の費用を紹介しています。

切除治療とは

切除治療は、その名の通りタトゥーのある部位の皮膚を切除し、周りの正常な皮膚を縫合する治療法です。

切除治療のメリット
  • レーザー治療と違い、色や深さなどが施術回数に影響しない
  • 小さなタトゥーは一回の施術で確実に除去できる。
  • 過去に受けた治療により、色や模様が残っていたり、目立つ傷跡がある方でも手術が可能。

切除手術によるリスク

上記のようなメリットはありますが、切開して皮膚を除去せずに縫合する普通の手術とは違い、切除治療は皮膚の面積が少なくなるため、さまざまな問題が発生します。

  1. 皮膚が引っ張られることによるリスク
    多くの方に皮膚は伸びると思われていますが、実際はほとんど伸びません。そのため、縫い合わせた跡は常に引っ張られている状態になります。張力による刺激が加わり続けると、傷跡が赤く盛り上がり、それによって起こる痒みや引きつれ、しびれなどの後遺症に悩まされる方が多くいます
  2. 分割切除によるリスク
    皮膚を引っ張り合わせる方法なので、広範囲のタトゥーの除去には不向きですが、その解決策として、分割切除を提案しているクリニックが多数あります。
    「何回かに分けて切除するとその間に皮膚が伸びる」と書いている場合がありますが、上記にも記したとおり基本的に皮膚は伸びません。大きいタトゥーには皮膚移植治療や、レーザー治療をおすすめします。
  3. 傷跡が残るリスク
    レーザー治療と違い、体にメスが入るので、傷跡が残ることは絶対に避けられません。また、ドッグイヤーと呼ばれる現象が起こる可能性があります。ドッグイヤーとは、寄せた傷口がくぼみ、周囲の皮膚があまって膨らむことによって、噛み千切られた犬の耳のようになる現象です。
    胸部や臀部(でんぶ)など、形が重要視される部位の場合は特に注意すべきでしょう。

福岡のクリニック別の費用

切除治療は、クリニックによって費用の基準や計算方法が違います。そこで、福岡の各クリニック別に、費用をまとめてみたので参考にしてみてください。

福岡三井中央クリニック
住所 福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目5-37 博多ニッコービル8F
費用 1㎜毎の価格が1万円
計算方法は以下の通りです
刺青範囲(縦+横)÷2×1万円/1回=価格
例:(10㎜+10㎜)÷2×1万円=10万円
ドーズ美容外科
住所 福岡県福岡市博多区博多駅東1-12-6 花村博多駅東ビル2F
費用 ~3㎠    :8万円
~10㎠   :15万円
~30㎠   :25万円
~50㎠   :30万円
~80㎠   :40万円
~110㎠  :50万円
~140㎠  :70万円
140㎠以上  :要相談
(薬、麻酔、術後の処置込み)
聖心美容クリニック
住所 福岡県福岡市中央区大名1-1-38 サウスサイドテラス4F
費用 直径1㎝以下  7万8,000円(税別)
直径3㎝以下  14万8,000円(税別)
直径5㎝以下  24万円(税別)

切除手術はレーザー治療より、やや高額になる場合が多いようなので、小さいタトゥーを早急に除去したい人向けだと思います。

大きいタトゥーの除去をお考えの方は、レーザー治療や皮膚移植手術などをおすすめするので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

 
 
 
私的ブログ〜福岡で評判のタトゥー除去クリニックまとめ〜